夜勤専従パートは子育てナースには難しいかな?

夜勤専従パートは子育てナースには難しいかな?

看護師の働き方もいろんな形態がありますが、中でも人気なのが夜勤専従パートです。

お給料が高いことで人気の夜勤専従パートに従事している看護師には、独身の多いという印象があるかと思います。

しかし実際は違います。

実は意外と小さい子供を抱えているママさん看護師で夜勤専従パートで働く人も多いのです。
これは意外ですが、実は理由があります。


夜勤専従パートの2交代制シフトであれば、勤務時間は16時ごろから翌日の朝9時ごろまでになります。

ですから、この夜間の働く時間だけ子供を預ける場所さえあれば、子供が起きている昼間には子供と一緒に過ごせるのです。

夜勤専従パートなら、月に勤務する日数も少なくて良いのも魅力です。

ですから、夜勤専従パートの方が子供と一緒の時間をたくさん持てるというワケです。

子供が夜寝ている間に働くので、とても効率が良いですし、昼間自由になる時間があるので、家事などの家の用事ができることもママさん看護師にとっては嬉しいですよね。

近頃では、病院側でも看護師の子育て環境が整備されてきています。

夜勤専従勤務のママさん看護師の為の24時間制の院内保育園が設置されている病院も、かなり増えてきました。

子供におやつや食事も出るので、何も心配することがないんです。

このような施設のある病院で働けば、安心して夜勤ができますよね。

院内にある施設なので、お迎えも楽です。

夜勤専従パートはこのように、ママさん看護師であっても決して難しい勤務形態ではないんです。

むしろ交代制勤務よりは、夜勤だけなので、慣れてしまえば逆に生活のリズムも整うので楽なんです。

夜勤専従パートをするママさん看護師は、これから増えてくると思います。

2015年11月10日|